パラシフコミュニティ通信vol.9 【大衆】 

大衆

パラシフコミュニティ通信vol.9
【大衆】

 

どうもどうも( ´ ▽ ` )ノ

ともぴこです。

 

今日はこれから、1泊2日で御殿場に行ってきます。

 

天皇家の方々が泊まるような貴賓室をゲットできたので、今から行くのが楽しみです。

 

さてさて、昨日のパラシフ通信で「べき思考を受け入れよう」と言ったのを覚えてますでしょうか?

 

確かに、べき思考をし過ぎると生きにくくなるので、べき思考はあんまりしない方がいいです。

 

でも「〇〇すべきって、言うべきじゃない!」という考え方も行き過ぎると、自分を生きにくくします。

 

で、これに関して「教えて下さい!話して下さい!」というメールが沢山来たので、解説したいと思います。

 

ただ、その前にはかなりの前提情報を必要します。

 

なので、今日は「大衆」という概念を紹介しようと思います。

 

この話を知ってると、何倍も深く今回の内容理解できますので。

 

そして実は、この大衆に関しては過去に日刊メルマガで書いたこともあるんですが、読んだことのない人もいるでしょうし、忘れてる人も多いと思うので、しっかり読んで下さいね。

______________________________

 

ということで、改めて「大衆とはいったい何ぞや?」というお話をしたいと思います。

 

まず、辞書で「大衆」という言葉をひいてみると

①多数の人々。多衆。

②労働者・農民などの勤労者階級。一般庶民。民衆。

③社会学で,階級・階層などの社会集団への帰属意識をもたない多数の人々から成る非組織的な集合体。

 

となっておりますが、

この辞書の言葉では「大衆」をしっかり理解するのはムリですし、本質を把握するのも難しいと思うので、

 

もっと分かり易く、ともぴこなりの「大衆」の定義をしてみたいと思います。

 

______________________________

ともぴこは「大衆」をどういう人と捉えているのか。というと

 

「大衆」とは

①何でも白と黒に分ける、二元的思考の持ち主

②自分の価値観や考え方が、絶対的or正義であると思っている人

 

この2パターンに当てはまる人が「大衆」だと思っています。

 

1つ1つを分かり易く分析すると

 

①何でも白と黒に分ける二元的思考の持ち主

 

いわゆる「大衆」の人々は、世の中の物事や出来事の多くを

白か黒か
善か悪か
○か×か
正しいか正しくないか
有罪か無罪か

 

こういう極端な二元的思考でしか、物事を捉えて、考えています。

 

最近の例では、TOKIOの山口や日大のアメフト部の問題が、メディアに大々的にピックアップされた件などです。

 

メディアのほとんどが「あいつらは嘘つきだったんだ!犯罪者だ!とんでもない奴らだ!」と発信して、日本の「大衆」を煽っていますが、

 

見事メディアの思惑通り「大衆」の皆さんは、その煽りに乗っかってしまいました。

 

あいつは悪だと。
あいつの犯罪者だと。

 

でも、その背景には色んな要因が存在しているはずです。

 

色んな事象が複雑に絡まり合ってるはずなんです。

 

つまり簡単に【TOKIOの山口=悪】とは簡単に言えないわけです。

 

それなのに【TOKIOの山口=悪】となってしまってるのが現実。

 

何でかっていうと「大衆」にとっては、細か=複雑な要素はどうでもいいんです。

 

とりあえず「悪人」を作り上げて、叩きたい。

 

「あいつはけしからん!」と上から目線で叩き、優越感に浸りたい。

 

「大衆」とは数百年前から、そういう生き物なんです。

 

「大衆」は、とにかく二元的思考を持って生きてるんですね。

 

いやいやいやいや。私はともぴこの言う「大衆」ってタイプの人は、そんなにいないと思うよ?

 

って意見の人もいると思います。

 

それでは質問です。

あなたは「半沢直樹」が好きですか?

「水戸黄門」は好きですか?

「ワイドショー」は好きですか?

 

好きな人は、ちょっと「大衆」よりかもしれません。

 

こういう、悪を正義が懲らしめる。

 

つまり【勧善懲悪】的なものが好きなのが「大衆」の特徴なんですね。

 

「倍返しだ!」という台詞を言って、ムカつく上司をあの手この手を使って陥れるドラマ「半沢直樹」

 

「大衆」はあのドラマを見ると、総じてこんな感想を持ちます。

スカッとした

悪い奴にはあれぐらいが当然

半沢直樹みたいなサラリーマンになりたい

 

などなど。

おいおいおいおい。
ドラマをちゃんと見て下さいよ。

 

二元的思考で

上司=悪
半沢=善

と思っちゃダメですよ。

 

冷静に見れば、どこからどう見ても

半沢直樹も相当な「悪人」ですよ?

 

家族ある上司を非道な手段を使ってでも追い詰め、ドヤ顔してる訳です。

 

要するに、半沢直樹も【自分自身のエゴを貫いてるだけ】なんです。

 

それなのに「大衆」は、

半沢=善
上司=悪

になってしまうんです。悲しきかな。

 

こういう【勧善懲悪】的なのが流行るのは、子供の頃から日本国民は【勧善懲悪】を刷り込まれているからなんですね。

 

アンパンマン
ドラえもん
水戸黄門
戦隊ヒーロー
仮面ライダー

これがただ、半沢直樹にすり替わっただけです。

 

アニメや特撮はドラマよりも、善と悪がわかりやすく作られていますが、、、

 

こういう【勧善懲悪】的なムードがここ数年明らかに高まってるのを肌で感じいて、

 

その度にともぴこは「あぁ、大衆は増えてるんだなー」と嘆いている次第です。

______________________________

 

②自分の価値観や考え方が、絶対的or正義であると思っている人

 

人間って生き物は、他の生物とは違い、善と悪という謎の尺度を持っています。

 

そして、説明は難しいですが、人間は物事や出来事や人物を、善か悪かで判断してしまいます。

 

そして「大衆」さんの善と悪の尺度はどうなっているのかというと

【自分の好きな事・自分の価値観に合う事=善】

【自分の嫌いな事・自分に反すること=悪】

こうなっているんです。

 

これはとんでもないです。

 

自分の価値観や考え方は、絶対的ではないし、正義でもない。

 

まして自分の反対の意見や考えは、悪ではない。

 

こういう基本的な事を「大衆」は忘れてしまってるんです。

 

世界の紛争や戦争は

正義VS正義の戦いなんです。

 

ただ「大衆」が正義VS悪の構図と勘違いしてしまうのは、

勝者が敗者を「悪」にしてしまうから。そしてそれを「大衆」が鵜呑みにしちゃうからです。

 

例えば、3.11もあのニュースを見て「イスラム過激派・ビンラディンは悪だ。最悪だ。ゴミだ」という意見しか持てないんじゃ「大衆」何です。

 

確かに無関係な一般人を殺したことは、許せない行為ですが

 

彼らにはそうせざるを得ない「正義と理由」があったんです。

 

そこを考慮しないで【イスラム過激派=悪】としてしまうのは、バカです。

 

つまり「大衆」は、自分の反対の考えや感覚を理解しようとせず、

無意識的に善・悪を決めてしまう。

 

こういう癖があるんですね。

 

本来は、いつでもどこでも正義VS正義の戦いなのに。

 

この辺りの思考や癖が「大衆」の特徴になっているんですね。

______________________________

 

長くなったので、今日はこの辺で切り上げようと思います笑

 

明日は、更に深ーく深ーく「大衆」を掘り下げていくので、覚悟しておいて下さい。

 

これからの時代「大衆」でいるコトが一番のリスクです。

 

なので、「大衆」を徹底的に理解するコトで、そのリスクを回避して欲しいとも思います。

 

「大衆」を理解しないで脱大衆化するのは、不可能だと思うので。

 

まずは「大衆」を理解しましょう。

 

そして、大衆から変態へパラダイムシフトしましょう笑

 

ではでは( ´ ▽ ` )ノ

今日も貴重なエネルギーを使い読んで頂き、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━

感想&相談したい事&アウトプットなど、お待ちしています。お気軽にご連絡を。
parashifu2018@gmail.com

━━━━━━━━━━━━━━━

解除→http://abaql.biz/brd/24/mr_natchan/mail_cancel.php?cd=0f5f9bqoTsjCIr

コメント