パラシフコミュニティ通信vol.13 【磁石式爆弾】

個別対応力

パラシフコミュニティ通信vol.13
【磁石式爆弾】

 

どうもどうも( ´ ▽ ` )ノ

ともぴこです。

 

今日はまず、お知らせがあります。

えーと、いきなりですが

 

今週の日曜日、つまり7月15日に【緊急Q&A大会】なるものをやろうかと思います。

 

本当はこの日は、違う講座のセミナーをやる予定だったんですが、諸事情ありましてリスケになり、予約していた会議室だけが宙に浮いてしまっているので

 

せっかくだから、パラシフで90~120分くらいのゆるい【Q&A大会】でもやろうかなぁと思い立ちました。

 

直前の募集なので、人が集まるかは分かりませんが、5人集まればやる事にします。

 

場所は、神田や日比谷や日本橋から徒歩5~6分のところです。

 

そして今回は、オンラインコースの人も参加してくれて全然OKです。そしてもちろん無料です。

 

ということで「お!その日行けるから行くわ!」って人は、

parashifu2018@gmail.com

へ名前付きでご連絡下さいまし~!

______________________________

 

さてさて、昨日はブルーさんのメールを取り上げながら「相手の脳内にフックを残そう」という話をしました。

 

そして、会ったことがないので仮説ですが、私なりのフックの残し方をお伝えしました。

 

そうしたら「なるほど!お客さんや相手には、あれだけズバッと伝えてもいいんですね。言いたいように言います」みたいな、若干残念なメールが何通か来ました笑

 

なので、少し補足しておくと

【ズバッと伝えた方が良い時もあるし、悪い時もある】ということです。

 

ズバッと言うべきかどうかは、相手の性格、エネルギーの状態、ステージ高低、タイミングなどなど、あらゆることを加味したうえでの判断です。

 

つまり、今回はメールしか情報がなかったので「こうやってフックを残すかもね~」みたいに伝えましたが、実際に会ったらどうなるかは私にも分かりません。

 

それが個別対応力ですし、それが良い接し方だと思います。

 

なので、言いたいことを言えばいいワケではないし、フックの残し方はズバッと伝える意外にも色々ありますからねー!

 

ということで、ここからようやく本題ですw

 

今日も学びになるメールを紹介しますね。

__________ここから__________

 

ぴこさん

こんにちは

しょうじゅゆきえと申します。
毎朝、メルマガありがとうございます!

 

今日のテーマ
『脳内にフックを残す』
興味深いテーマでした。

 

私事ですが、以前

『過去生に傷がある』

と、ある人から言われたことがありまして

 

そのときは、

『え?過去生って?どう対処すればええねん?
どうしたらいいか教えてよ』

と思いましたが、

 

その後時間は経ちましたが
過去生が見れる人に合い
深い傷なるものには
対処が出来ました。

 

まぁ、
過去生はどうでも良いのですけれど
そのときには、対処出来ずとも
一見難しいお題であっても
そのフックのおかげで

 

必要な情報は
自分の脳が引き寄せるのだな
という貴重な経験が
出来たと思っています。

 

そして、私は
コンサルのお仕事をしているのですが

 

その場で
理解してもらうことに
エネルギーを過度に使ってしまうことが
あるのですが

 

この『フック』を取り入れることで
同じゴールを見ていても
少ない労力でゴールにたどり着く
方法があるのだな

 

と気がつくことが出来ました。

 

『フック』気にとめておき
今後、活用出来るように
したいと思います

 

以上です。

いつもありがとうございます。

__________ここまで__________

 

メールありがとうございますー!!

 

このメール、大事なことが凝縮されているので、おそらく膨大な文量になりますが最後までお付き合い下さい。

 

パラダイムシフトが3回くらい起こる内容になるでしょうw

 

さて、私がまず言いたいのは「相手の脳内にフックを残す」という行為ですが、これを違う言葉でより正確に表現すると

 

【相手に問いをプレゼントする行為】のことです。

 

例えば、

 

息子さんの吃音に悩んでる方に、私は「あれ?今まで悩んでことってそもそも問題なのかな?私が問題にしてるだけじゃない?」という問いをプレゼントし

 

ブルーさんの生徒さんには「私の行動の大半って、実は承認欲求を埋めるためのものなのかも?」という問いをプレゼントし

 

かみぃさんには「息子の良い所にもっとフォーカスしたり、穏やかに接したらどうなるのかな?」という問いをプレゼントし

 

今回のしょうじゅさんの場合は、とある人から「私の過去生は傷があるのかな?」という問いをプレゼントされたということです。
(過去生が何かは、私は分からんのですが笑)

 

そして、こうやってプレゼントされた問いというのは《磁石》と非常に似た役割を果たします。

 

要するに、その問いに関する情報や知識や出来事が、どんどん引き寄せられてくるということです。
(正確には、そう感じるだけなんですけどね笑)

 

いちいち全てを取り上げるとキリがないので、2つにしておきますが、

 

例えば前回のブルーさんの件なら、もしその生徒さんが私から「あなたの行動の大半って、実は承認欲求を埋めるためのものなんじゃない?」って言われたら、

 

おそらくその直後から「ゲッ!!気付かなかったけど、これも承認欲求を満たすための行動かも。あぁ~これもだぁ~」と、

 

言われる以前より、かなり承認欲求に関する情報が目につくようになるハズです笑

 

そして、しょうじゅさんもきっと、その問いをプレゼントされてから「あ、やっぱり私の過去生は傷ついてるのかも。げっ!これもだ!」みたいに、色んなものが引き寄せられてきたハズです。

 

こういう風に【問いは磁石の役割を果たし、その問いに関する事が自然と集まってくる】という原理原則があります。

 

これを、心理学だと"カラーバス効果"なんても言ったりします。

 

これは非常に分かりやすくて、

 

例えば「今日は赤色に注目して生活して下さいね」と言われてから1日を過ごすと、普通の日よりも赤いものが目につくようになる。という現象の事です。

 

これをカラーバス効果って言うんですが、今回のケースに当てはめるなら

 

赤色っていう問いを立てられ、それが磁石の役割を果たし、自然と赤色に関する情報が集まってくるようになった。

 

ということです。

 

つまり、相手の脳内にフックを残すとい行為は、相手の脳内に問いを立てさせる行為で、さらに言うなら【相手の脳内に磁石を埋め込む行為】ってことですよ。

______________________________

 

と、なると、

勘の良い人は気付いてるように【自分の脳内にどんな磁石を設置するか?】は、かなり重要になると思いませんか?

 

今回の私のケースのように、その人の人生をより良く豊かにするための問い、つまり磁石を埋め込まれるならいいですが、

 

意図的にとんでもない磁石を埋め込まれる場合だってありますし、意図的でないにしても、生きにくくなってしまう様な磁石を埋められるケースは多々あります。

 

意図的に埋める人の代表格を挙げれば、ヤバイ宗教家や占い師や詐欺師、他にもDVする人なんかがいるのですが

 

彼らは相手を洗脳しコントロールするために、自分に都合の良い磁石を埋め込みます。

 

よくある「最近、あなたやあなたの身内に、不幸が増えてませんか?」みたいなヤツです。

 

こう言われると「脳内に不幸が増えているのかも?」という磁石を埋め込まれることになり、自然と不幸が増えた様に感じ、そして相手を信じてしまうんです。

 

これが、意図的で悪意のあるケースです。

 

一方で、意図や悪意がなくても、イヤイヤむしろ愛情だと思って、磁石を埋め込んで来る人もいます。

 

その代表格が「親」です。

 

これに関しては長くなるので、またそのうちにとっておきますが、私たちは両親から、それはそれは膨大な磁石を埋められています。

 

その磁石に気付き、外すことをしない限り、なかな自分の人生を生きることはできません。

 

こういう風に、磁石にも良い働きをする磁石と、悪い働きをする磁石の両方があり、せっかくなら良い問いを立て、自分の人生が豊かに幸せになる様な磁石を埋め込んだ方がいいです

 

オレって、恵まれてるのかも?

みたいな磁石です。

 

そうすると、自然と恵まれている事象に意識が向き、感謝が増えて幸せになりやすくなりますから。

 

なので、

 

①生きやすくする磁石を、脳内に増やすこと
②生きにくくする磁石を、脳内から減らすこと

 

を両方やっていくのが、大事になります。

 

①を別名、アファメーションって言ったり、宇宙にオーダーを出すって言ったり、あることにフォーカスしようと言ったりします。

 

②を別名、トラウマの克服、親との和解、固定観念を減らす、何て言ったりします。

 

まぁとにかく、生きやすくするならどちらもアプローチして下さい。

______________________________

 

ヤバイヤバイ。
クソ長くなってるww

 

前述したように、脳内に磁石を埋め込むと、それに引き寄せられて、自然とその問いに関する情報や知識が集まってきます。

 

そしてそうやって、どんどんどんどん引き寄せられたモノを受け止めていると、いつの日か【こういうことかぁ!!!!】と、自分の脳内でスパークや爆発が起こる瞬間が来ます。

 

まさに、脳内に埋め込んでいた爆弾が爆発するような感じです。

 

要は《あの問いの意味はこういう事だったのかー!!!と、腑に落ちる瞬間》のことです。

 

だから、昨日の記事でも

 

伝えたとしても、おそらくキョトンとされたり、もしくはキレられたりして終わるでしょう。最初は。

 

という文面を入れました。

 

というのも、相手に問いをプレゼントしたとしても、最初は理解されない事が大半だからです。

 

でも、相手の脳内に問いと言う名の磁石を残すことで、その磁石が必要な情報や知識や出会いを日々集めてくれます。

 

まるで導火線が縮まっていくかの如く。

 

そして、導火線が無くなると、大爆発の瞬間がやってくるんです。

 

まぁ、この瞬間のほどの快感はなかなかないかもしれませんね~( ´ ▽ ` )

 

こういうことだったのか~

 

と、腑に落ち、骨身に沁みるような感じですからね。

______________________________

 

さらにここからまた、違う視点から捉えてみましょう。

 

今回は【腑に落ちるまでは時間がかかる】という事実を受け入れましょう。

 

だって、爆発するまでには導火線がありますからね。

 

しかも、この導火線の長さは千差万別です。

 

さらに、自分が磁石を捨ててしまえば、同時に導火線の火も消えます。

 

つまり【問いを立てて脳内に磁石を埋め、すぐに答えが出なくても、腑に落ちなくても問いを立て続けること】というのが、大爆発を起こす条件です。

 

殆どの人が何を学んでも腑に落とすことができないのは、導火線の時期に耐えられず、磁石を捨てて鎮火してしまうからです。

 

そうではなく、一度問いを立てたなら、自分を信じて爆発するまで粘り強く待ちましょう。

 

それが、自分の人生を豊かにする方法です。

 

だから、このパラシフコミュニティの内容も、別に今、私の言ってることを全て理解する必要はないんです。

 

「あれってどういう事なんだろう?」と、磁石を埋め込んで、日々思い出しながら導火線を短くしていって下さい。

 

当然、行動したり実践したりアウトプットしたりした方が、導火線の短くなるスピードは早くなりますよ。

 

ただ、その爆発が3ヶ月後なのか、1年後なのか、2年後なのかは分かりません。

 

でも、導火線の火を絶やさなければ、いつの日か絶対に爆発して腑に落ちます。

 

実際、エネルギーマスタークラスのメンバーなんかは、私の言ってたことの意味が、1年後ぐらいに身に沁みることが多いみたいですから。

______________________________

 

最後に、私は良いコンサルタントやコーチや親や指導者というのは、

 

①良い問いプレゼントし、良い磁石を埋められる人

②そして爆発まで、じっと信頼して待てる人

 

の事だと思っています。

 

特に大切なのは、良いと問いをプレゼントしてあげたのなら、後は余計なことはせずに

 

相手の導火線が無くなるのを見守る、もしくは少しだけサポートしたり支えたりすることです。

 

そして、この関わり方が、最も

お客さん
生徒
子供
選手

などを成長・進化させる方法です。

 

スポーツに置き換えれば一発で分かるでしょう。

 

選手に「どうやったらもっとお前は上手くなれる?もしかしてメンタルの問題じゃないのか?」という問いをプレゼントし、磁石を埋めたのなら、後は極力余計なことはしないで見守りましょう。

 

本当にそのコーチを信頼し、上手くなりたいと思っているのなら、自然といつの日か爆発しますから。

 

最悪なのは「お前はメンタルが弱いからダメなんだ!〇〇と〇〇をやれ!そして報告しろ!」みたいに、答えやそれを達成するまでのプロセスを教えてしまう事です。

 

さらに、つきっきりで対応するとかになったらよりNGです。

 

これをやってしまうと、確かにメンタルが強くなるスピードは途中まで早いのですが、いつまで経っても自分の腑に落ちませんし、自力や実力が養われません。

 

要するに【このコーチがいないと、正解やゴールに辿り着けない選手になる】ということです。

 

コンサルも一緒です。

 

「〇〇ビジネスで成功したいです」と言われ、その人にスタートからゴールまでのすべてのプロセスを教え、そしてつきっきりでサポートすれば、おそらく成功させることはできるでしょう。

 

ただ、このクライアントさんは、全く自力や実力はついてませんよね。

 

となると、この人はそのコンサルタント抜きでは、何にもできない人になってしまってるんです((((;゚Д゚)))))))

 

これ、長い目で見ると、全然良くないですよね。

 

親もそうです。

 

何でもやってあげる、答えを教えてあげるのではなく、問いをプレゼントして後は見守ることです。

 

そうやると、子供の才能や能力は開花しますよ。

 

違う言い方をするなら【相手の失敗する機会、試行錯誤する機会を奪わない】というのが、長期的なスパンで見たら重要になるし、その方が相手のためだと思います。

 

子供がキズだらけになりながらも、自転車に乗れる様になるのを見守る感覚です。

 

そして、それこそが「教育」です。

 

だから、良いコンサルタントやコーチや親や指導者というのは、

 

①良い問いプレゼントし、良い磁石を埋められる人

②そして爆発まで、じっと信頼して待てる人

 

だと言いました。

 

ただし、相手の理解度があまりにズレてたり、息詰まりまくってたり、方向性がズレてたり、磁石を捨てそうな時は、見守るだけでなく対応して下さいね。

 

じゃないと、ただの見てる人になりますからw

 

その辺の絶妙なバランスこそが、個別対応力ですよ。

 

ということで、重要な話をたくさんしました。

 

これは永久保存して、何回も読んで下さいね。

 

そして、分からない事は磁石として脳内に残し、いつの日か大爆発させましょう。

 

ではでは( ´ ▽ ` )ノ

今日も貴重なエネルギーを使い読んで頂き、ありがとうございました。

良い1日をお過ごし下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━

感想&相談したい事&アウトプットなど、お待ちしています。お気軽にご連絡を。
parashifu2018@gmail.com

━━━━━━━━━━━━━━━

解除→https://abaql.biz/brd/24/mr_natchan/mail_cancel.php?cd=0f5f9bqoTsjCIr

コメント