パラシフコミュニティ通信vol.148 【情報の重要性の具体例】

Q&A

パラシフコミュニティ通信vol.148
【情報の重要性の具体例】

 

どうもどうも( ´ ▽ ` )ノ

ともぴこです。

 

昨日はたまたま不動産業界の裏話をしましたが、何かそういう流れなのか、昨日の夜にエネルギーマスタークラスのメンバーから日本に2人しかいない「立地コンサル」という肩書きを持ってる人を紹介してもらい、また深い深い立地や不動産やビジネスの裏話を聞きました。

 

超面白かったですwww

 

そして、その彼とは来年辺りに何かをやる可能性もあるので、ぜひぜひお楽しみにしておいて下さい。

 

さてさて、今日は昨日の不動産情報をよりディープにした具体的なメールを頂いたので、皆さんにシェアしておきます。

 

お家は一生ものの買い物ですから、こういう情報は仕入れておいて損はないかと。

 

__________ここから__________

ぴこさん、よねさん、こんにちは~

 

不動産の話、我が家も騙されたクチなので、情報によって人生の豊かさが変わってしまうというのを、当時を思い起こしながら聞いていました。

 

ぴこさんはさすがのネットワークでお家まで!スバラシイですね^

 

我が家は6年前に引っ越しをしましたが、家が建つまで2年かかりました。

 

つまり土地を買ったのは8年前ということですw

 

我が家の土地は、70坪くらいの一軒家を2つに分けることになっていたもので、利便性のいいもう片方の土地は世間に出る前に売れていました。

 

我が家は夫がネットに月曜に出た土地を見つけてきて、木曜の朝イチで夫婦で見て、そのまま気に入ってハンコを押しに不動産屋に行きました。

 

言われるがままに補償金を払い、さらに建築条件付きという、土地代と建てる工務店が決まっている形で契約しました。

 

これは巷の土地取引の80%近くを占めるもので、不動産屋とグルになっている地元の工務店が、土地建物付きの値段で取引しているものです。

 

私が少しだけ建築をカジっていたこともあり、勝手に図面を書き出して

 

契約した工務店Aに持って行ったりしたのですが、なかなか打ち合わせも進まず・・・

 

私は当時妊娠中で、なんとか生まれるまでに形にしたいという思いがあって、土地探しの時に知り合った地元の工務店の社長Bのところへ

 

自分で書いた図面と、工務店Aの図面を持って相談に行きました。

 

そこで色々と相談に乗ってもらっていた時に言われたのが

 

「何で建築条件付きで土地のローンが始まってるの?普通は引き渡しの時に、土地と建物両方のローンを組むんだよ」

 

それを聞き慌てて家に帰り契約書を確認してもらうと、建築条件付きで我が家は契約をしていなかったんです。

 

建築条件付きで例えば3800万(土地建物付き)の場合、土地が2000万、建物1800万とします。

 

建物1800万といえど、10~20%は不動産屋に回るので、実質の家は1600万くらいのものになり、

 

システムキッチンやお風呂などのものは、とにかく最低ランクのモノになるということでした。

 

不動産Bの社長に言われたのが、1800万の家を建てるのだったら、ウチで建てれば1800万全部かけれるけど、Aで建てたら1600万の家にしかならないよというわけです。

 

すでに工務店Aには打ち合わせが進まないという不信感もあったので、不動産屋に建築条件付きの契約ではないので、契約不履行を伝

 

預けた100万を返して、工務店Aとの契約を無効にしてもらうだけでも、素人の私達夫婦は、騙されている不動産屋にさらに丸め込まれそうになり、とにかく大変でした。

 

(そういえば、ディズニーランドにいる途中で不動産屋から電話かかってきて、ビックサンダーマウンテンの脇で長電話もしたなぁ・・・夢の国で現実は辛いとか思いながら)

 

それが、設計をする前までの話で、それはまだまだ序章のひとつでした。

 

設計も無事に終わって市役所に建築許可を取りに行ったら、私達が買った土地は市の道路だと言われていたけれど、なんと私道で、

 

しかも私道で普通のローンが降りないものだったので、その条件では家を建てられず、新たに工事が必要だったり、私道のため道路使用許可が必要になったりすると・・・

 

すでに組んでいたローンも、私道であれば話は別、とそこも審査し直しとなりました。

 

しかもその同時期、私は出産をしたのですが息子の心臓に疾患が見つかり手術が必要となったりで、

 

夫は急に舞い込んできた家と子供のすったもんだで仕事どころではない日々を過ごしていました。

 

あの時の夫はへこたれることもなく、というよりもイキイキとしていて、泣いてばかりの私を笑わせ、こんな状況さえも楽しんでいるようにみえて、この人と結婚してよかったと思いました。

 

完全に不動産の素人でお手上げになった私達は、知り合いのツテで世田谷の不動産会社の社長を紹介してもらい、

 

その社長にもめちゃくちゃよくしていただいて、なぜか湘南の不動産屋と話し合いにも参加していただいたり、弁護士さんを紹介してもらって、半年かけて不動産屋と話し合い和解しました。

 

話し合いは、社長、営業、私達の買った土地を持ってきた人(コイツが一番怪しかった)など、浪花金融道さながらの怪しさ満点なメンバーでしたw
(私は1度だけ参加して、泣きながら暴言を吐きましたけど)

 

月に一度、半年かかって湘南の不動産屋社長との最後の話合いでの言葉は「お前らとはもういいよ、俺たちは負けでいい。」だったそうです。

 

弁護士さんがデキる人で、必要な経費はしっかりと取っていただきました。

 

世田谷の不動産屋さんには、本当によくしていただいて、私達が恩返しできるのは紹介しかない、と

 

それ以降、何か不動産関係のことがあると友人を紹介しています。

 

真っ黒な不動産業界に、私達はたかだか半年くらいでしたが巻き込まれ、いろんな経験をさせてもらいました。

 

おかげで、家ってなんだ、命ってなんだ(これは息子のことですが)から始まり、

 

1年半の間、間取りを変えられない図面を見ながら、もっと暮らしやすい家にするには?と片づけの資格を取るきっかけとなりました
(訴訟を起こす状態なので、設計は変えられなかった)

 

あのままスムーズに家が建ったら、断捨離にも目覚めなかったし、片付けにも掃除にも開眼していないので、到底今のくらしにはなっていないのは明らかです。

 

あのおかげで今があるんだよなぁと思うと懐かしい思い出ですw

 

よねさんも、いつか家を買う、という時には本当に信頼できる方へ頼んでくださいね!

 

片付けの動線のご相談にはいつでも乗ります♪

 

余談ですがピコさんのお宅が楽しみすぎます!!^^

 

明日も楽しみにしています♪

__________ここまで__________

 

いやー!!笑

 

なかなか壮絶ですね。

 

内容が複雑なので理解しにくい人もいるでしょうが、私が読み取る

 

不動産屋と地元の工務店がグルになり「建築条件付き」と言い、その条件で契約をさせたふりして、実は全く建築条件付きなんかではなかった((((;゚Д゚)))))))

 

つまり、不動産屋は家を建てる側から数百万、不必要なお金を搾り取ろうとしていた。

 

そして工務店は不動産屋から仕事の受注をもらうために、グルになってた。

 

ってことかと思います。

 

ホントに浪花金融道にでも出てきそうな話ですが、こういうのってよくあるんですよね。

 

不動産屋に限らず、こっちが情報をあまり持ってなく、言うことをそのまま聞きそうだと勘づくと、かなり黒い手を使ってくる業界・人は多いですからね。

 

なので、それ相応の知識や情報を身につけるか、信頼できる人を見つけるか、という努力はしておいて損はないと思います。

 

ただ、この方は"このお陰で"という感じで人生を再定義出来てるので素晴らしいです!

 

こういう経験を負の記憶としてそのまま保存しておくのか、〇〇のお陰でと再定義してエネルギー源にするのかで、人生は大きく変わります。

 

なので、この辺も参考にしてみて下さい。

 

ということで、なかなかディープなお話でした笑

 

ではでは( ´ ▽ ` )ノ

今日も貴重なエネルギーを使い読んで頂き、ありがとうございました。

良い1日をお過ごし下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━

★パラシフ会員ページはこちら

パラシフ2018 | パラダイムシフト・コミュニティ専用ページ

ID;paramem
パスワード:paramem@2018

━━━━━━━━━━━━━━━

感想&相談したい事&アウトプットなど、お待ちしています。お気軽にご連絡を。
parashifu2018@gmail.com

━━━━━━━━━━━━━━━

コメント